紫外線やストレスに気をつける

そばかすとは、雀卵斑と呼ばれる鼻や左右の頬に出来る茶色い斑点のことです。

主な原因は遺伝や肌へのダメージで、紫外線を沢山浴びると濃くなったり今まで無かった方の肌に出来てしまうことがあります。昔のアニメや漫画で少女が悩んでいる描写が多い様に、そばかすが現れるのは10代が多く思春期には濃くなってしまうので気になりますが、子供の頃のそばかすは歳をとると薄くなり悩みが減ってくることがほとんどの様です。

逆に大人のそばかすは、自然に消えるということがなく、放置すると濃くなってしまう場合も多いため、そうならないためには出来るだけ自分でケアする必要があります。

そばかすの原因であるメラニンを抑制するために、L-システインと呼ばれるアミノ酸やビタミンCを摂取することで体の内側から治療をして薄くすることができます。昔は塗り薬で肌のターンオーバーを促し治療する方法もあり医師による専門的な助けが必要でしたが、今ではフレキュレルのようなそばかす改善専用のクリームも出ています。

メイクで隠すこともできますが、1番いいのは普段から予防や改善に気を使うことです。特に紫外線は大敵なので日頃からUV対策をきちんとすることがそばかすの改善にも繋がるし、日焼けの予防にもなってお肌に優しいのでお勧めです。

その他に出来ることは、ストレスをためない生活を心掛けたり、ビタミンCを多く含む食品やコラーゲンを体内に取り入れることも長い目で見て効果があるのでおすすめです。日々の生活を見直しながら、そばかすと上手く付き合っていく方法を、自分なりに考えるのも大事です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする