そばかすの原因や改善策って?

目の周辺や、頬などを中心にできるそばかす。一見シミのようにも見えますが、シミとそばかすは全く別のものです。

そばかすには主に2つのタイプがあり、先天的なものと後天的なものに分かれます。先天的なそばかすの場合は、そばかすの量が思春期にピークを迎えるのが特徴。遺伝が関係していることが多いといわれていますが、先天的なものであれば思春期を過ぎたあたりから徐々に薄くなり始め、消えてしまうケースが多いです。

一方、後天的なそばかすは、時間の経過とともに消えることはほとんどないといっても過言ではなく、年齢を重ねるごとにそばかすが濃くなっていくのが特徴です。

そばかすができる原因には、紫外線が大きく影響しています。紫外線を浴びると、人間の体内では活性酸素が発生します。この活性酸素は、そばかすのもとになるメラニンの活動を活性化させてしまうため、それがそばかすができる引き金になるのです。

厄介に思えるそばかすですが、自分でできる改善策もあります。まずはこれ以上紫外線の影響を受けないように、紫外線対策をしっかりと行うこと。そうすればそばかすの予防までできるので、一石二鳥です。また、物理的にメラニンの発生を阻害する成分や、ビタミンCなどの美白効果のあるフレキュレルを使うのがベストです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする